カンジダ

カンジダ症

カンジダ症という病気を聞いたことがある人は多いのではないでしょうか。
カンジダは、真菌と呼ばれるカビの一種で、主に人体の性器や皮膚、口内、胃、腸、爪
などに繁殖する感染症のことを言います。

 

カンジダ菌は、通常なら誰にでも体に存在しているもので、別名常在菌とも呼ばれています。
普段は善玉菌がカンジダの繁殖を抑える働きをしていますが、
体のストレスや免疫力の低下、ステロイドや抗生物質の服用などによって善玉菌が減ることで、
カンジダ菌の繁殖につながります。カンジダ菌が繁殖すると、
人体に様々な影響を及ぼすため、病院での治療が必要となります。

 

カンジダ菌の繁殖が最も多いのが性器に感染する性器カンジダ症で、
特に成人女性の10%は膣内に繁殖するカンジダ膣炎に感染していると言われています。
男性はほとんど自覚症状がなく発見しずらいですが、女性の場合はおりものに以上があったり、
性器の炎症やかゆみ、排尿障害などが現れますので、
少しでも気になる症状がある場合には、すぐに病院で診察を受けるようにしましょう。

 

カンジダ症は、女性だけでなく、
高齢者や乳幼児にも口内に感染する口腔カンジダ症の発症が多く見られます。
また、妊娠中にカンジダ膣炎を発症して出産した場合には、産道を通った赤ちゃんに感染し、
鷲口瘡やカンジダ性皮膚炎になることがありますので注意が必要です。

 

カンジダ症の症状を早期発見し治療すれば通常10日程度で完治しますが、
治療せずにそのまま放置しておくと悪化したり、慢性化したりする可能性がありますので、
自己判断せずに必ず医師の指示を受けて治療するようにしましょう。

カンジタを治すには?→こちら