カンジダ早期診断

カンジダ症の早期診断

カンジダ症に感染したら、
必ず病院にて適切な治療をしてもらうことが必要です。
そのためには、感染していることにいち早く気付き、早期診断してもらうことが大切です。

 

性器カンジダ症では、女性の場合は普段からおりものの状態をチェックしておくようにしましょう。
おりものの変化は様々な病気や感染症のサインとなりますので、
少しでも異常があったり気になる症状がある場合には、
必ず医師の診断を受けることをおすすめします

 

。男性の場合には、感染していることに気付かない場合がほとんどで、
早期発見することは難しいかもしれませんが、
パートナーが感染しているなどの場合には、早期診断を受けておく方がより安全です。

 

皮膚カンジダ症の場合には、
カンジダ菌が好む高温多湿の環境を避けることが一番の予防法です。
乳幼児の場合には、オムツの当たる部分やくびれ部分に発症することが多いため、
オムツかぶれなどの薬が効かない場合は必ず小児科で診察を受けることが大切です。

 

皮膚カンジダ症になると皮膚が赤くただれたり
膿を持ったりして強いかゆみが出るのが特徴です。
乳幼児の場合は寝ている間にかき壊してしまったり
肌を傷つけてしまうことがありますので注意しましょう。

 

口腔カンジダ症の場合には、主に乳幼児やお年寄りに発症が見られることが多いため、
日頃から口腔内を清潔に保ち、ケアをする際には必ず口の中をチェックするようにしましょう。
もし気になる症状があれば早期のうちに診断を受け、
症状の悪化を防ぐようにすることが大切です。

カンジタを治すには?→こちら