性病

性器カンジダ症

カンジダ症の発症で多いのは、性器に感染する性器カンジダ症です。
男女共に感染することはありますが、主に女性に多い感染症と言われています。
女性の場合には、カンジダ膣炎または膣カンジダ症と呼ばれ、膣内にカンジダ菌が繁殖することで、
外陰部のかゆみや炎症、おりものの異常、排尿時の痛みなどの症状が現れます。

 

その他、性交時にも痛みが生じる場合もあります。
性器カンジダ症は性交渉によって感染することが多いと思われがちですが、
体のストレスや免疫力の低下、ステロイド剤や抗生物質の服用、
ホルモンバランスの崩れが主な発症の原因とされています。性交渉による感染の場合もありますが、
性交渉が原因で発症するケースは数パーセントとそれほど高くありません。

 

しかし、感染予防をすることはとても大切です。
性交渉時にはコンドームを使用することで感染を防ぐことが可能です。
また、自分自身が既に性器カンジダ症に感染している場合には、
性交渉によって相手にうつしてしまうことがありますので気を付けるようにしましょう。

 

性器カンジダ症の感染は女性に多く、男性は感染しにくいとされています。
まれに感染した場合にも、自学症状はほとんどなく気付かないことが多くありますので、
知らず知らずのうちにパートナーにうつしてしまっていることも考えられます。

 

まずは感染しないように、日頃から性器を清潔にし、
少しでも気になる症状がある場合にはすぐに医師の診察を受けることをおすすめします。

カンジタを治すには?→こちら