性器カンジダ症

性器カンジダ症

カンジダ症の症状で多いのが、性器に感染する性器カンジダ症です。
成人した男女であれば誰でも感染する可能性がありますが、
特に多いのが女性に見られるカンジダ膣炎です。

 

カンジダ膣炎は膣内にカンジダ菌が繁殖する症状で、女性の約10%が感染していると言われており、
体のストレスや免疫力の低下、ステロイドや抗生物質の服用だけでなく、
ホルモンバランスの崩れが発症の原因とされています。

 

男性が性器カンジダ症に感染した場合、
症状がほとんどなく感染していることに気付かないということが少なくありません。
まれに性器の赤みやかゆみを感じる場合もありますが、通常男性への感染は少なく、
症状も軽いことが多いので注意が必要です。

 

女性の場合には、まずおりものに異常が現れ、
ヨーグルトや酒かすのような白いドロッとした塊が出ることがあります。

 

その他にも、外陰部のかゆみや炎症、性交時や排尿時に痛みを生じる場合がありますので、
少しでも気になる症状がある場合にはすぐに医師の診断を受けるようにしましょう。
治療しないまま性交渉をすると、
パートナーにうつしてしまう可能性がありますので、早期発見することがとても大切です。

 

性器カンジダ症の治療は、軟膏の使用や膣洗浄で通常10日程度で完治しますが、
再発する可能性も多いので注意しましょう。
また、そのまま放置しておくと悪化したり、慢性化したりすることがありますので、
自己判断せずに医師の指示に従って治療することをおすすめします。

カンジタを治すには?→こちら