粘膜カンジダ症

粘膜カンジダ症

カンジダ菌は、消化器や呼吸器など常に粘膜で覆われている部分にも存在しています。
しかし通常は病原性が弱いため人体に害を及ぼすことはありませんが、
カンジダ菌が繁殖する条件が揃うと発症します。

 

その中でも口の中に発症する口腔カンジダ症は、主に乳幼児やお年寄りに見られることが多くあります。
口腔カンジダ症は、大きく分けると舌や唇、頬の内側などに乳白色のコケのようなものが付着する偽膜性カンジダ症と、
赤くヒリヒリと痛みが生じる萎縮性カンジダ症の2種類に分類することができます。

 

乳幼児の場合には、免疫力の低下や栄養不足、抗生物質の服用している場合に発症します。
主に舌の表面や頬の内側、
歯茎などに白いミルクかすのようなブツブツができますが、痛みやかゆみなどはありません。

 

このブツブツは拭いたりしてもなかなか取れませんが、軽い症状であればそのまま自然に治ってしまいます。
症状が酷い場合には、病院で診察を受けるようにしましょう。
不衛生な哺乳瓶やカーゼからも発症する場合がありますので、
日頃から清潔にしておくようにすることが大切です。

 

お年寄りの場合には、唾液分泌の低下や、入れ歯などの不衛生が原因とされています。
日頃から歯磨きやうがいをしっかりと習慣づけることで口内を清潔に保ち、カンジダ菌の繁殖を防ぐようにしましょう。
お年寄り以外にも、長期に渡って抗生物質、ステロイドの使用や放射線治療をしていたり、
糖尿病、免疫不全、エイズなどの感染症によって発症することもありますので注意が必要です。

カンジタを治すには?→こちら