口腔カンジダ症

口腔カンジダ症と偽膜性カンジダ症

カンジダ菌は、私たちの口の中にも常在菌として存在しているので、
いくつかの要因によって菌が異常繁殖し口腔カンジダ症になる場合があります。

 

特に発症しやすい人は新生児やお年寄りで、新生児の場合、抗生物質を使用していたり、
免疫力の低下などが原因で発症します。
また、お年寄りの場合は、唾液分泌の低下や、入れ歯などの不衛生が原因とされています。
ただ、お年寄りでなくても、長期に渡って抗生物質、ステロイドの使用や放射線治療をしていたり、
糖尿病、免疫不全、エイズなどの感染症によって発症することもありますので注意が必要です。

 

口腔カンジダ症は大きく分けると、
舌や唇、頬の内側などに乳白色のコケのようなものが付着する偽膜性カンジダ症と、
赤くヒリヒリと痛みが生じる萎縮性カンジダ症の2種類に分類することができます。

 

いずれも内服薬または外用薬で治療することができますので、
口内に異常を感じたら必ず専門医に診察してもらうようにしましょう。
自己判断でそのまま放っておいたり、薬を服用したりすると症状が悪化したりする可能性があり危険です。

 

口腔カンジダ症の予防には、日頃から歯磨きやうがいをしっかりと習慣づけることで口内を清潔に保ち、
カンジダ菌の繁殖を防ぐことが大切です。
ただ、新生児の場合には、母親がカンジダ症にかかっていると感染する恐れがあるので注意しましょう。
また、お年寄りの場合にも、寝たきりなどで口腔ケアがしっかりできないことがありますので、
家族や周りの人が忘れずにケアしてあげることが大切です。

カンジタを治すには?→こちら