ホルモンバランス

ホルモンバランスの崩れ

ホルモンバランスが崩れると、体に様々な影響を及ぼします。
カンジダ症も、ホルモンバランスの崩れが原因となる場合がありますので注意が必要です。
特に女性の場合には、生理や妊娠などによってホルモンのバランスが乱れることで、
膣粘液にある自浄作用の働きが低下してしまい、膣にカンジダ菌が繁殖してしまう膣カンジダ症にかかりやすくなります。

 

妊娠中の場合には、出産時に胎児に感染してしまう恐れがありますので、
必ず医師の診察を受けて治療するようにしましょう。
その他にも、日頃の生活習慣の乱れやストレス、
過度なダイエットなどもホルモンバランスを崩す原因となりますので注意しましょう。

 

ホルモンバランスを整えるには、まず生活習慣や食事などを見直すことが大切です。
不規則な生活をしている場合には、毎日しっかりと睡眠を取るようにしましょう。
また、ホルモンバランスは食事と大きく関係していますので、日頃からバランスの良い食事を心がけ、
暴飲暴食に気を付けなければいけません。

 

ストレスは少なからず誰でも持っているものですが、
ストレスを溜めすぎないようにストレス発散する方法を自分で見つけることが重要です。
また、食事制限などをして急激なダイエットをすると生理不順などを引き起こすこともありますので、
ダイエットをする際には無理をしない程度に行うようにしましょう。

 

ホルモンのバランスが崩れていることを自覚するのはなかなか難しいですが、
健康な体でいるためには、日頃から規則正しい生活を送ることが最も大切です。

カンジタを治すには?→こちら