皮膚カンジダ

皮膚

カンジダ菌は皮膚の表面にも常在しているため、
菌が繁殖することによって皮膚カンジダ症になることがあります。

 

原因は、皮膚の温度や湿度が上がったり、体の抵抗力が下がっている時などに発症しやすく、
ひじやひざ、関節の内側、おしり、股などに湿疹ができ皮膚が赤くただれたり、膿をもったりする症状が出ます。

 

主ににオムツを使用する乳児や寝たきりの老人、水仕事の多い人、
暇満の人などに発症することが多く、強いかゆみを感じるのが特徴です。
その他にも、抗生物質やステロイド剤を服用している場合にも発症しやすくなりますので注意が必要です。

 

特に乳児の場合はオムツかぶれの症状と間違いやすいですので気を付けるようにしましょう。
カンジダ菌はオムツかぶれと違って、オムツの当たる部分だけではなく、
くびれやシワの中まで湿疹ができるのが特徴です。
また、オムツかぶれ用の薬を塗っても良くならなかったり、逆に悪化した場合にはカンジダ症の可能性があります。

 

皮膚カンジダ症を予防するためには、まず普段からカンジダ菌を繁殖させないように体を清潔に保つことが大切です。
また、カンジダ菌は乾燥に弱いので、皮膚の湿度や温度が上がらないよう
湿気の多い夏場には特に気を付ける必要があります。

 

その他にも、ステロイド剤の副作用によって発症するケースもありますので、
皮膚に異常が現れた場合には、そのまま放置したり自己判断で違う薬を塗ったりせず、
必ず皮膚科で診察を受けるようにしましょう。

カンジタを治すには?→こちら