男性 カンジタ治療

男性のカンジタ治療

性器カンジダ症の場合、女性に感染することが多く、男性は感染しにくいとされています。
その理由には、男性器と女性器の違いにあります。
女性の場合、膣内は酸性の粘膜で保護されていて、
カンジダ菌は通常この膣粘膜に生息しています。

 

普段は体に害を及ぼすことがありませんが、
菌が繁殖しやすい高温多湿の条件を持っているため、
発症の原因となるいくつかの要因が重なると発症の確率が高くなります。

 

それに比べ男性器は、体外に露出しているため、
通気性も良く、普通に性器を清潔に保っていればそれほど発症する確率は高くありません。
但し、包茎の人の場合には、発症率が少し高くなります。
その他にも、ステロイド剤の長期服用や糖尿病の人には、発症しやすくなります。

 

男性が発症した場合には、亀頭のかゆみやただれ、
小さな水泡などが現れることがあり、まれに尿道炎を起こす場合もあります。
但し、通常は感染していても自覚症状が現れないことが多く、
気付かない人がほとんどです。

 

もし自分のパートナーが性器カンジダ症に感染していると分かった場合は、
性交渉時にうつることもありますので、一度検査してみることをおすすめします。
症状が似ていても、カンジダ症以外の性感染症に感染している場合も考えられますので、
気になる症状がある場合には必ず医師の診察を受けるようにしましょう。
性器カンジダ症以外の口腔カンジダ症や皮膚カンジダ症は、
男女関係なく発症しますので注意が必要です。

カンジタを治すには?→こちら