カンジダ膣炎

カンジダ膣炎

カンジダ菌は、カビの一種で健康な人でも誰にでも体の中に持っている菌です。
常在菌とも呼ばれており、性器や膣内、口内、胃、腸、皮膚の表面など、
体のあらゆる場所に常駐しています。

 

カンジダ菌を持っていても、
通常は善玉菌が繁殖を抑えてくれているため体に害が及ぶことはありませんが、
ストレスなどによって体の免疫力が低下することにより善玉菌の働きが弱まり、
カンジダ菌が異常繁殖してしまうことがあります。それによってカンジダ症を発症します。

 

特に繁殖しやすい場所は性器や膣内で、性器カンジダ症又はカンジダ膣炎と呼ばれています。
成人している男女なら誰でも発症する可能性はありますが、
女性の膣内は湿度がありカビが繁殖しやすい条件を持っているため、
成人女性の約10%ほどがカンジダ膣炎にかかっていると言われています。

 

発症する原因には、主に疲労やストレスによる免疫力の低下、
抗生物質の服用などがありますが、閉経後の卵胞ホルモンの減少で
膣内の自浄作用が弱まることも原因の一つとされています。

 

また、性交渉による感染もまれに見られます。
男性の場合は一般的に発症する人は少ないとされていますが、
発症しても症状がなく気付かない場合が多くありますので注意が必要です。
カンジダ膣炎になると、おりものが白い酒かす状の塊になり外陰部のかゆみや炎症を引き起こします。
放っておくと悪化したり慢性化する場合がありますので、
気になる症状がある場合には必ず婦人科で診察を受けるようにしましょう。

カンジタを治すには?→こちら