抗生物質

抗生物質の使用による耐性菌のリスク

カンジダ症を発症する原因の一つに、薬の服用が挙げられます。
抗生物質やステロイド剤を長期に渡って服用していると、
通常体に生息している良い細菌を殺してしまい、抗生物質の効かないカンジダの繁殖につながります。
抗生物質は、病気の原因となる細菌やウィルスを殺すことから、様々な治療に使用されています。

 

ステロイド剤には、炎症を鎮める効果があることから、皮膚病などの治療に多く使用されていますが、
同時にステロイドには免疫を抑制する働きもあります。
従って、長期に渡って使用していると、免疫力が低下し、細菌やウィルスの侵入を阻止することができずに、
カンジダ症を発症する確率が高くなります。

 

どちらも医師から処方された分量をしっかりと守り使用するようにしましょう。
自分の判断で使用したり、使用方法を変えてしまうと、
症状が改善されず逆に悪化させてしまったりする危険性もありますので注意が必要です。

 

特に顔などの肌は皮膚が薄いため、強い作用のあるステロイド剤を使用すると肌に負担がかかり、
逆効果になってしまいますので気をつけましょう。

 

カンジダ症を予防するためには、まずこれらの抗生物質やステロイド剤の使用を辞めるのが一番ですが、
どうしても治療に必要な場合には、医師の指示に従って使用するようにすることが大切です。
また、乳幼児なども皮膚カンジダ症にかかり易くなりますので、
ステロイド剤などの使用には充分に注意するようにしましょう。

カンジタを治すには?→こちら