カンジダ治療

カンジダ治療&再発予防

カンジダとは、真菌と呼ばれるカビの一種で、
正常な人でも通常体にはカンジダ菌が存在しています。
カンジダ菌が常駐する場所は主に性器や膣内、口内、胃、腸、皮膚の表面などで、
別名常在菌とも呼ばれています。

 

特に性器や膣内に発症する性器カンジダ症は、
カンジダが性器に感染して起こる性感染症で、
カンジダ膣炎とも呼ばれるように主に女性に発症することが多い病気です。

 

カンジダが発生する原因は、通常カンジダの繁殖を抑えている善玉菌が、
体のストレスや免疫力の低下、ステロイドや抗生物質の服用によって、
善玉菌が減り機能が衰えることでカンジダ菌が繁殖してしまうことが理由です。

 

さらに、成人女性の約10%が持っていると言われているカンジダ膣炎は、
妊娠などによるホルモンの崩れや、下着などによる蒸れ、性交渉なども原因となります。
カンジダ症は、性器以外にも皮膚や口、爪などに発症し、
女性だけでなく高齢者や乳幼児にもかかりやすい病気です。

 

カンジダ症に感染すると、それぞれ決まった症状が現れますので、
早めに病院で診察を受けるようにしましょう。特に性器カンジダ症の場合には、
性交渉によってパートナーにうつす可能性がありますので早期発見することが大事です。

 

病院で適切な治療を受ければ10日間前後で治すことができますので、
気になる症状があればすぐに受診し、放置しないことが重要です。
妊娠中の場合には、ホルモンバランスの影響から発症の確率が高く、
そのまま出産をしてしまうと産道を通る赤ちゃんに感染して
鷲口瘡やカンジダ性皮膚炎になることがありますので注意が必要です。

 

カンジダ症は、免疫力を低下させるステロイドや抗生物質の服用を控えること、
そして性交渉時にはコンドームを使用するなど、
普段から自分で注意することで感染を予防することが可能です。

 

また、カンジダ菌を繁殖させないように体は常に清潔にしておくようにしましょう。
カンジダ症にならないためには、
あらかじめ発症の原因や予防法などの知識を持っておくことがとても大切です。

カンジタの再発を防ぐには

カンジダ症に感染したら、カンジダ菌を死滅させる治療を行います。
通常治療には、抗真菌薬が使用されますが、
症状によって早ければ1週間から2週間程度で完治するため、それほど大変な治療ではありません。但し、女性の約10%が感染していると言われている膣カンジダ症では、
完治してもまた再発する確率が高いため注意が必要です。

 

膣カンジダ症では、
おりものの異常や性器のかゆみや炎症、排尿障害などが現れるのが特徴です。
かゆみなどは、市販されているかゆみ止めを使用する人も多いですが、
カンジダ菌の場合には、抗真菌薬で菌を死滅させなければいけませんので、
市販の薬で症状が良くならない場合や、
悪化してしまった場合にはカンジダ症の再発の疑いがあります。

 

再発を放置しておくと、悪化するだけでなく、
慢性化につながる恐れがありますので気を付けなければいけません。

 

再発や慢性化を防ぐためには、カンジダ菌が繁殖しにくい環境を作ることが大切です。
そのためには、下着はできるだけ通気性の良いものを身につけ、
生理中はナプキンやタンポンをこまめに取り替えるようにしましょう。

 

また、免疫力が低下しないように
睡眠不足や運動不足などの不規則な生活習慣に気をつけて、
バランスの良い食生活を送ることが予防につながります。

更新履歴